首のイボは馬油で除去できる?美容効果もある成分の活用方法

こんにちは。管理人のヨウコです。

 

 

傷が早く治るとか火傷に効くとかでとても人気がある馬油は、美容目的に使う人も多いようですね。自分の首にできたイボに悩んでいた時に調べて出てきたものは馬油でした。その効果は何と首イボの改善と除去、いくら万能と言われても馬油って首イボにまで効くの?

 

 

といぶかしげだった私も、馬油をさらに調べてみてその理由が分かりました。今回はその馬油について分かったことと私の体験談を合わせてお伝えしたいと思います。

 

馬油の効果

 

首イボは肌の老化によってできるものが多いと言います。病院にイボで治療に行く人たちの多くは、ウイルス性のイボではなく、この肌の老化によるものであるというデータもあります。この老化によるイボは、肌の角質やメラニンが日々首の肌に加えられる摩擦によって塊になってきてイボになります。

 

 

それでこのイボを根本的に直すためには、一つひとつ切ったり焼いたりするよりは、肌のターンオーバーを正常に働かせるようにする方がいいと私は思っています。

 

 

肌が健康になれば、イボも自然と取れるし次のイボもできてきません。そしてこの馬油には肌をきれいにする成分がたくさん含まれているんです。肌をきれいにするだけにとどまりません。馬油には傷を早く治す効果があるんです。

 

 

つまり肌の回復力を高めてくれるわけです。この効果のおかげで、首のイボができてガサガサザラザラになっている肌を正常な、潤いと張りのある状態に治していってくれるのです。

 

 

私も実際しばらくイボ専用のジェルを塗る前に塗って、馬油が乾いてからイボジェルを塗るということをしていました。馬油の成分が肌を柔らかくしてくれて、よりジェルの効果がアップするような感じがしました。実際イボのケアを始めた頃と比べると、今では数カ月になりますが、首の肌のつやが断然変わりました。

 

馬油が首イボに効くのはどうしてか

 

馬油の一体何が効いているのか、けっこうたくさんの文献を調べてみましたが、難しいことがたくさん書いてあって分かりづらかったので、ここではかなりかみ砕いて説明したいと思います。まず馬油は馬のたてがみやその付け根のところから馬の脂を取って不純物を取り除いたものです。

 

 

この脂肪は、他の動物から取れた脂肪分と違ってさらさらとした植物性のものと同じ特性の脂肪酸がたくさん含まれているそうです。この馬油の脂肪酸は人の皮脂にとても近い構造で、肌への浸透力が抜群だというのが特徴です。

 

 

そして馬油には抗酸化作用があり肌の老化を食い止めることができます。高い浸透力でこの抗酸化作用が肌の奥に届いてくれるので、効果も抜群なのです。また消炎作用、殺菌作用があり、弱くなった肌が摩擦などで擦れて傷ついてもそこを守って回復を助けますので、新たなイボができるのを防ぐことができます。

 

 

さらに馬油には血行促進効果もあるので、肌表面に必要な酸素や栄養が届きやすくなり、イボができたガサガサの肌を正常な肌に回復させてくれます。

 

馬油の選び方

 

これだけの効果があるなんて馬ってすごいですよね。やっぱり自然のものが一番です。私もこの情報を聞いてから、確か家にあったようなと思って探したら、いつ買ったかも忘れた馬油が化粧品の棚から出てきました。

 

 

使ってみようかと思ったのですが、古いものは肌に良くないかもと思ってやめました。やめて正解でした。馬油は実はすごく酸化しやすいのだそうです。つまり古くなりやすいのだそうです。

 

 

それを防ぐのにビタミンEを配合して長持ちさせるのだそうですが、うちのはいくら何でもいつ買ったかも忘れたくらいなので古くなってたと思います。ビタミンE入りのものは、そういうことで割と長持ちするようになっていてお勧めです。

 

 

また馬油と大きく書かれていても、よくよく成分表を見ると馬油配合となっていて、肝心の馬油が少ししか入っていないこともあります。馬油を使ってみる場合には純粋の馬油がお勧めですので、気を付けて見てみてください。

 

殺菌作用もあって万能、美容にもいい

 

イボの種類には、ウイルス性のものもありますが、馬油には殺菌作用もありますので、ウイルス性のイボにも効果があるかもしれません。いつものスキンケアに加えたり、イボジェルと併用してもいいと思います。

 

 

肌を健康にして新しいイボに感染しないように助けてくれます。殺菌作用はニキビにも効きますが、馬油は油なのでニキビにつける場合はつけ過ぎて逆にニキビに栄養を与えてしまわないよう薄く塗りましょう。

 

 

また抗酸化作用の効果で、シミやそばかすなどのメラニンでできた肌のトラブルにも有効です。付ける量は首全体でだいたい米粒大くらいで大丈夫です。初めはべたべたしますが良く温かい手で塗りこんでください。

 

 

馬油の血行促進効果と共にさらに効果が上がります。しばらくするとさらっとします。他にも傷や肌荒れ火傷に効くのは、有名ですよね。首イボだけでなくてもいろいろ使えるので、一家に一個常備しているといいと言われる馬油も、こうしてみるとその理由もわかりますね。

 

 

うちでも今では常備していて、子供たちの小さな傷などにもどんどん使っています。赤ちゃんのおむつかぶれやあせもなどにもいいようですよ。

 

 

>馬油と一緒に使いたい首イボ改善クリームはコチラ

艶つや習慣 URL1