加齢による首のイボ発生と治療・どんな事に注意したらいいのか

こんにちは。管理人のヨウコです。

 

 

首にあるボツボツに悩んだ末に一念発起、何とかしようと頑張った過程とそこで得た情報を皆様にお伝えしたいと思い書いています。今回は加齢に伴いできる首イボということに絞っていきます。

 

 

実は首イボは30代ででき始めるのが普通、早い人だと20代でもでき始めるということです。これが加齢という現実とどう関係があるのか、そしてどのように首イボができていくのかなどをまとめていきたいと思います。

 

加齢に伴う新陳代謝の低下

 

加齢加齢と嫌な響きで申し訳ありません。見た目にはまだまだ活力があふれている、と思いたい私もこの体の生物学的な現象には逆らえず、老人性イボが首にできてしまいました。

 

 

今までの無頓着さの付けが回ってきてしまったのでしょうが、まだわたしも40代、子供も小さいので子供のためにも若々しいお母さんでいたいと思うわけです。子供の園や学校での行事でほかのお母さんたちの中で自分のお母さんが若くてきれいだと、やっぱり子供たちもうれしいと思うんです。

 

 

でもどうしても加齢に伴って私たちの体は、だんだん基礎代謝が衰えていきます。基礎代謝が衰えると皮膚の正常なターンオーバーが遅れていきます。そして代謝されていかなくなった古い角質が肌表面に残り始めてしまうのです。

 

 

そうしてこれが首にできるイボの大きな原因の一つなのです。新陳代謝は女性の場合10代前半がピークで、そこからは衰えていくのだそうです。となると40代の私は新陳代謝が衰え始めてすでに数十年。これが年を取るっていうことなんですね。

 

 

問題はどうしてこの新陳代謝の低下に伴って首イボができるのか、ということです。ではそのメカニズムを見てみましょう。

 

新陳代謝の低下に伴う首イボの発生

 

新陳代謝の低下に伴いターンオーバーが乱れるということはすでに書きましたが、ターンオーバーが乱れただけでは首イボは発生しません。首の皮膚はとても薄く柔らかいため、もともと刺激に弱いのですが、そこにターンオーバーの乱れにより古い角質がたまっていきます。

 

 

角質がたまって皮膚の健康状態が損なわれているところへ、洋服の襟で擦れたりアクセサリーなどで傷ついてしまった皮膚にイボができていくのです。さらに首に紫外線を浴びてメラニンができてしまっていたり、汗などで蒸れたりすることも首イボの原因になってしまいます。

 

 

うちは主人がアウトドア派でよく子供を連れて戸外に出かけてるので、なおさら角質がたまらないようにメラニンを作らせないように気を付けていなければいけませんでした。

 

 

一度イボができてしまうと、広がる傾向があるようなので、私のようにほっておいたら、治らずにどんどん増えていってしまいます。できたイボは適切なケアをして取ることが肝心です。

 

首イボの発生を止めて治す優秀クリームたち

 

このイボをなんとかしようと立ち上がった私が、いろいろ調べた結果イボを取るのにいいと思ったのは、ヨクイニンというハトムギから抽出された成分です。皮膚科のお医者さんもイボを治すのに処方しているという漢方薬で、肌の新陳代謝を促進する効果があるので、まさに私が必要とするものでした。

 

 

そして杏子の種から摂れた杏子オイルもいいとわかりました。杏子オイルにたくさん含まれる各種脂肪酸とビタミンBが肌のターンオーバーを促して、肌表面の古い角質を取ってくれます。

 

 

杏子オイルを肌に塗っているとイボがポロッと取れたなんていうことが昔からよく言われていたのはこのためのようですね。艶つや習慣やシルキースワンそして杏子ジェルはこの二つをバランスよく配合したジェルで、欲張りですが早くイボを取りたかった私は両方の成分をいっぺんに使いたくて、このジェルたちを愛用しました。

 

 

朝晩に首を清潔にした後にこのジェルを丁寧に塗りこんでいきました。さすが新陳代謝を促してくれるジェルだけあって、毛穴やイボが目立っていてきれいじゃなかった私の首が、今ではほとんどきれいになりました。

 

首イボを増やさない作らないためにできること

 

できてしまったイボは自然には治りません。杏子ジェルなどのイボジェルを塗って毎日根気よくケアすることがとても大事だと思います。根気よく続けられれば乱れた肌のターンオーバーを正常に導いてくれて、イボが目立たなくなっていくと思います。

 

 

そして私はそれに加えて、基礎代謝が上がるような生活も心がけています。よく体を動かすようにしたり、お風呂にゆっくり浸かって汗をかくのも代謝アップにつながると思います。

 

 

病院に行けば、焼いたり切ったりと外科的な処置をして取ってもらえるのでしょうが、根本の肌の調子が整っていなければまたできてしまうと思います。私としてはイボジェルで肌の健康を取り戻す方がよりナチュラルな改善方法で、自分には合っているかなと思います。

 

まとめ

 

新陳代謝の落ち始める時期は、個人個人のそれまでの食生活や運動の習慣などでも変わってきますので、若いうちから気を付けたいところですね。もう40過ぎの私は、新陳代謝が下がり始めてすでに数十年、必死に抵抗していきたいところです。

 

 

そうはいっても、まだまだ若いと思っていたい年頃の私、年相応のおしゃれだって楽しみたいです。だからもう首イボに悩まされることのないように、しっかりケアしていきたいと思います。

 

 

>首イボを改善に導くスキンケアはコチラ

艶つや習慣 URL1