ハトムギを含んだクリームを塗って首のイボを治療できるのは本当?

こんにちは。管理人のヨウコです。

 

いろいろとイボの種類やその治療方法で私が調べて分かったことをこうして皆さんにお分かちしてきましたが、その中でも私が効果を実感したのがこのハトムギを含んだクリームでした。

 

 

でも私もイボに効くと聞いて始めてみたハトムギ配合のクリームでしたが、効果を実感しただけでは物足りず、なぜ効くのかを調べてみたんです。今回はその結果をお伝えできればと思います。

 

ハトムギがイボに効くのは当たり前

 

ハトムギってもう何度も何度も紹介してきたヨクイニンもハトムギ由来だったことを覚えておいででしょうか?そうなんです、ハトムギから取られたのがヨクイニンです。前にも書いたことあったんですが、ヨクイニンは正確にはハトムギの種子ということになります。

 

 

ヨクイニンがイボ取りに使われだした歴史は古く、中国で漢方薬として使われだした昔からの事です。数千年ですね。日本にもそれは伝わり、肌を白くしたいならハトムギ茶などと言われるほどに生活に浸透しています。日本でもイボの治療のために、昔から使われてきました。

 

 

今ではヨクイニン錠やヨクイニン顆粒というものがあり、どちらもイボの治療に処方されるような成分です。でもこれらは全部いわゆる飲み薬、飲み物です。口から体内に取り入れて効果を期待するものです。

 

 

今回は飲み薬や飲み物ではなくて、体の外側、肌に塗っても効果があるのかという点に注目していきたいと思います。

 

ハトムギの入ったクリームを使ってみて私が実感したこと

 

私がハトムギの入ったクリームを使ってみようと思ったのは、イボを治すためにいろいろと調べて、ハトムギと杏子オイルが効くとわかり、両方を配合したクリームがちょうどあって値段も手頃だったからです。

 

 

きっかけはそのくらい何気ないことでした。でもハトムギの力は何気なくはありませんでした。ハトムギにはタンパク質やビタミンB群がとても豊富に含まれています。これらは肌の健康と健康の回復のためには欠かせない栄養素で、ハトムギ配合のイボクリームは、これらを肌に浸透しやすいように作られました。

 

 

老化して長イモのようにガサガサになってしまった首の肌に有効成分がしみこむように、たっぷりの水分を加えています。私はこうして必要な場所に、必要な栄養素を直接塗って肌から直接栄養素を吸収していった方が、より効率よくイボを治せると感じました。

 

 

口から取り入れたら、胃や腸からまずは吸収して、さらに血液を通してと割と時間がかかり大部分は別の場所に持っていかれてしまうからです。私が治したいのは首なので、有効成分を首につけてそこに集中して肌を治していけるのはクリームのとてもいい点だと思いました。

 

クリームを塗るときに気を付けるべきこと

 

クリームを塗っていくときにまず気を付けたいのが、衛生面です。首にすでにイボができている方は、私もそうですが老廃物がたまっている状態なのです。主に古くなった角質が老廃物ですが、そうすると老廃物が邪魔してせっかくの有効成分が肌の奥まで届きにくくなります。

 

 

イボの治療を効果的に行うためには、ハトムギの成分が肌の奥まで浸透する必要がありますので、クリームを塗る前には必ずきれいに洗うようにしましょう。朝起きてからも、夜の間に汗をかいたり布団のほこりがついていたりするので、面倒くさいとは思いますが、必ず首を洗ってからクリームを塗りましょう。

 

 

洗うときにも注意があります。目の粗いタオルや洗浄力の強い石鹸で洗ってしまうと、余計に肌の表面を痛めてしまいます。痛んだ肌は、また正常なターンオーバーで取れていくまで固くてガサガサの状態で首に残ってしまうことになります。

 

 

これでは本末転倒ですから、やさしく肌表面を水と手でなでるようにして良く汚れを落としてください。その後タオルを軽く押し付けるようにして水分をしっかりとります。タオルでこすらないようにしましょう。しっかり水気を取ることもポイントです。水分が残っているとクリームが均一に伸びにくくなるからです。

 

>ハトムギ配合の首イボに効くクリームはコチラ

 

どんなクリームがあるか

 

さてこれだけのことに気を付けて、朝晩塗っていただきたいクリームにはいったいどんなものがあるでしょうか。私が調べて分かったイボに効く成分を配合したものは三つあったのですが、簡単に紹介したいと思います。

 

 

まずは艶つや習慣というクリームですが、これはクリームというよりもジェルに近い感じのさらっとしたもので、とても水分の多い感じの商品です。ハトムギから取られたヨクイニンを多く含み、他にも杏子オイルを配合しています。

 

 

シルキースワンと杏子ジェルもヨクイニンをたっぷり配合したクリームで、私はべたべたしないしいい香りがするので、熱い汗ばむ日にも使えて助かっていましたイボを治すには、根気がいると言いますが私の場合は一か月過ぎたくらいから、何となく数が減ってると実感しだしましたよ。

 

まとめ

 

ここでは私が実際使ってみて良かったと思うものを上げてみました。実際ハトムギはだいたいのイボの治療に使われていて、ハトムギ配合の商品もたくさんあると思います。

 

 

それほどイボを取るならハトムギという認識があるのでしょう。ハトムギを試してきた人たちの実感がこもっている結果だと思います。

 

 

艶つや習慣 URL1