杏子のオイルで首のイボを優しく取れる?その効果について

こんにちは。管理人のヨウコです。

 

 

首イボの治療に良く効くとされているヨクイニンについてはこれまでもたくさんお伝えしてきたと思いますが、今回は私が注目したもう一つのもの、杏子オイルについて分かったこと実感したことをまとめたいと思っています。

 

杏子オイルの特徴

 

杏仁オイルとも書くそうで、あんにんと読まずに、きょうにんと読むそうです。オレンジ色のかわいい杏子が思い浮かぶでしょうか。この杏仁オイルはその杏子の種から取られた油です。純粋の杏仁オイルは少なくて貴重なものだそうです。

 

 

オイルを絞る際には、高温で絞り出した方が量もたくさん採れて効率的なのだそうですが、杏仁オイルの成分は高温ではほとんど壊れてしまって意味がないのだということです。それで杏仁オイルを選ぶときには低温で圧搾されたものかどうか確かめるとより美容とイボ取りの効果の高いものが手に入りますよ。

 

 

この杏仁オイルの成分は、抗酸化作用が強いビタミンEやビタミンA、保湿に優れたオレイン酸、肌を守る脂質セラミドを構成するリノール酸などのたくさんの細胞の若返りに必要なものが入っています。

 

 

他にも肌を紫外線から保護してくれるパルミチン酸や赤ちゃんの肌にたくさんあると言われるパルミトレイン酸も含まれていて、肌が老化するのを食い止めてくれます。こうした成分配合から、イボを取るためだけでなく美肌のためにスキンケアとして使ったり髪の毛のお手入れのためにも使われます。

 

なぜイボに効くのか

 

たくさんの成分が配合されていることをご紹介しましたが、それがイボを取るのに直接どのように作用するのかを説明したいと思います。まず初めに首イボは肌が老化してしまってできること、また肌に傷がついたりしたところにウイルスがついてイボになってしまうことを思い出したいと思います。

 

 

根本からこの首イボを治療するために、肌を若々しく健康に導き外からの刺激やウイルスにも強いものにしていくのが目標です。抗酸化作用の高い成分ビタミンAやビタミンEですが、これらの働きが肌の細胞がさび付いて古くなるのを防いでくれます。

 

 

肌細胞が元気であれば、古い肌が新しい肌に代わっていくサイクルが正常に働いて健康な肌が作られます。保湿効果の成分であるオレイン酸とセラミドの構成成分リノール酸は、古くなった角質がたまってできたイボやその周りの皮膚を柔らかくしてくれて、刺激からも保護してくれます。

 

 

柔らかくなったイボは取れやすくなりますし、セラミドの保護のおかげで新たな刺激から守られて新しいイボができるのを防げます。肌の老化の一番の原因であると言われる紫外線から肌を守ってくれるパルミチン酸も、肌がこれ以上メラニンを作り出して老廃物をためてしまわないように守ってくれます。

 

 

イボの原因でもあるこれらがなくなるとイボも成長したり増えたりしなくなりますので、とても有効ですよね。

 

 

最後に大人になるとほとんど肌には残ってないとされるパルミトレイン酸は、肌細胞の中や隙間に水分をとどめる役割をして、肌を若返らせます。こうして老化やウイルスによるイボを肌の表面から取って、新しい健康な肌を作るサポートをしてくれるのです。

 

どんなイボに効く?

 

こうして杏仁オイルの作用を見てみるとほんとに頼もしいですよね。イボに良さそうっていうのが分かってもらえたと思います。私の場合は老人性のイボだったので、ウイルス性のイボではなかったのですが、この杏仁オイルの入ったクリームは効果が感じられました。

 

 

このオイルの原材料である杏仁はヨクイニンと同じく漢方薬の一つで、漢方の世界では、抗がん作用や殺菌作用、炎症を抑える作用があるとされて古くから飲まれている薬です。ここから見てみると、杏仁オイルには肌を清潔に保つ作用もありそうですね。

 

 

肌を清潔にして、杏子オイルで保護をして肌の抵抗力を高めていくと、肌の免疫がアップしてウイルス性のイボにも効きそうな感じがします。

 

杏子オイルの使い方

 

杏仁オイル、杏子オイルの事ですが、これを直接肌に塗ることもできると思います。たださっきも少し触れましたが、生産量も少なく質の高い杏子オイルは希少で値段が張ります。

 

 

杏子オイルと言われていても生産時に他のアーモンドなどの種子を混ぜて搾っていることもあるそうです。そうして考えると、杏子オイルを配合したイボ専用のクリームは、コストパフォーマンスもよく安心して杏子オイルの効果を期待できると思います。

 

 

杏子オイル配合のクリームを毎日朝晩、イボの気になるところに塗ってください。根気良く続けていけば、イボが柔らかくなってポロッと取れたり、消えていったりすると思います。

 

まとめ

 

ここで皆様にも杏子オイルの効果がわかっていただけたらいいと思います。イボに効くだけではなくて、美容にいいということでしたが、実は食用にしてもいいそうですよ。便秘の解消や、アンチエイジングを期待できるほか、体の中にたまりにくくヘルシーです。

 

 

サラダにさっとかけたりするのもいいかもしれません。ただ生産量が少ないので食用にするにはあまりにも贅沢かもしれませんね。

 

 

>杏子オイル配合した首イボに効果あったクリームはコチラ

艶つや習慣 URL1